twitter
3.14ch
表紙
情報
概要
面子
日記
手紙

第一回目公演「人間」

第二回目公演「葉山」

第三回目公演「宇宙船」

第四回目公演「帰郷」

第五回目公演「小型」

第六回目公演「司令室」

第七回目公演「宇宙船」

第八回目公演「ムランティン・タランティーノの大冒険」

第八・五回目公演「7 1/2」

第九回目公演「大型」

第二回目公演「葉山」

撮影:早坂伸(J.S.C)


ミシマユキオシリーズ第二弾。舞台は『人間』の1年後。小説家志望のフリーターであるミシマユキオは、1年前まで同じ高円寺のボロアパートに住んでいたが今や売れっ子ロックミュージシャンとなった大学時代からの友人であるオカダサブローと、サブローのバンドメンバーとともに、リゾート地である葉山の高級リゾートマンションにバカンスにやってくるが、運悪く連日雨が降っている。ユキオは旅先で鬱病に罹り、そんな中、忘れられない元恋人、ウエハラサオリの双子の妹と名乗る女と出会う。


作・演出
ムランティン・タランティーノ

出演
妹尾果奈 / 斉藤小徹 / 内田龍(ケシュ ハモニウム)
野田孝之輔 / 前彩子 / 上松コナン / 福田英和(7の椅子)
祖父江唯(虎のこ) / 榊菜津美 / 斎藤麻生 / 太田望海
Velma(キアロスクーロ撮影事務所) / 山森信太郎(髭亀鶴)

舞台監督:佐藤秀憲(ステージメイツ)
照明:田中星乃
音響:河内匤彦(Dream Maker Sound)
舞台美術:内田龍
映像:堀井威久磨 / 木村樹
宣伝美術:井澤崇行
宣伝イラスト:鵜沼健一
制作協力:安田みさと / 本郷悠佳
企画・製作:3.14ch


・回想

サザンオールスターズの、夏をテーマにした曲みたいな芝居が作りたい、という気持ちで、この『葉山』という作品を書きました。夏、青春、ひと夏の恋。まあ、結果的にはドロドロした感じになっていまいましたが…。3.14chの作品群の中では「普通すぎる」と、さほど評判は良くないのですが、僕は個人的に、この『葉山』という作品を結構気に入っていて、毎年、夏になると、再演したくなります。舞台上で、水着の女の子たちがきゃっきゃ言ってるのを、観たいんです。再演するなら、下北沢の駅前劇場でやることに決めている作品でもあります。(ムランティン)